久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 医療設備のご案内 > OA-2000 光学式眼軸長測定装置

OA-2000 光学式眼軸長測定装置

白内障手術に必要な眼軸長や角膜形状などの数値を、ワンショットで8種類のデータを測定することが可能になったため、以前の装置よりも短時間で測定することができるようになりました。

高い組織透過度による高感度測定と、網膜水平面約1mmの範囲で41点の走査を行い、混濁が少なく測定が可能な部位を自動で検出して測定を行う『多点の測定』により、従来の『1点の測定』では測定が不能だった混濁の強い眼でも測定が出来るようになり測定可能率が高くなりました。

検査時間の短縮と測定可能率が高くなったことにより、患者さんの負担の軽減が図れます。

当院では、眼内レンズの度数を算出する際3つの計算式を使用しています。
(BARRETT UU式・HIGIS式・SRT/T式)
BARRETT UUを中心にHIGIS・SRK/Tを参考にIOL度数を決めています。

また、従来のIOLマスターにはなかったトーリック(乱視用)眼内レンズの挿入予定軸をサポートする機能が搭載されています。手術前のマーキングに使用されます。

角膜形状解析機能も搭載し、LASIK術後眼、円錐角膜眼、不正乱視眼の術前の確認に威力を発揮します。

A:角膜不正乱視の可能性が低い
B:角膜不正乱視の可能性が僅かに高い
C:角膜不正乱視の可能性が高い

ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトトップ サイトマップ サイトポリシー