久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 鼻涙管閉塞症
鼻涙管閉塞症


症状と治療法

当院では、年間100件のペースで手術を行っています。
N−Sチューブ解説図
涙は鼻涙管といういわゆる排水管から鼻に抜けるのですが、この管が詰まってしまうと、涙が鼻に抜けず眼にあふれて涙目になります。昔は針金様のプジーで通していましたがまたすぐ詰まってしまい、全く効果がありませんでした。治療としては、N−Sチューブというシリコンでできたチューブを約3ケ月留置して片取りをして、抜いた後も詰まりにくくします。


手術について

N-Sチューブを入れた後、鼻涙管ファイバーで狭窄部を確認します。鼻腔鏡にて、鼻腔内の閉口部からN-Sチューブが出たことを確認して手術を行います。


関連写真  写真をクリックすると拡大画像が表示されます


鼻涙管ファイバーで鼻涙管内を確認

鼻涙管ファイバー

N-Sチューブ

鼻腔鏡

ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー