久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 硝子体手術
硝子体手術

 

硝子体とは


硝子体とは眼球の内腔を埋めるゼリー状の組織です。
この組織に病気が起きると様々な病状を起こすことが究明されています。
硝子体手術では、混濁した硝子体、増殖した網膜硝子体の組織、あるいは貯留した血液や病原菌を除去し、疾患が進行する場を除くこと、網膜への牽引を除去することで、網膜下病変に対する手術まで行うことができます。
白内障の進行具合によっては、白内障の手術と同時に行うこともあります。

現在、硝子体の手術に最も有効とされているのが、黄斑上膜黄斑円孔網膜剥離、(糖尿病、網膜静脈閉塞症に伴う)硝子体出血、黄斑浮腫などの疾患で、主に外来手術を行っています。

硝子体手術は、以前は糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などの治療としても施行されていました。 しかし、近年では手術よりも負担が少なく、効果が期待できる、アイリーアやルセンティスというVEGFの働きを抑制する薬剤を硝子体に注射することで、新生血管が増殖するのを妨げたり、浮腫を改善する治療を行うことも多くなりました。 そのため、硝子体手術でしか対応できない疾患は以前と比較すると減少したと言えます。



各症例の詳細は、こちらよりご覧ください。
 
1 - 網膜の疾患 2 - 黄斑円孔
3 - 網膜静脈分枝閉塞症 4 - 網膜剥離
5 - 黄斑上膜 6 - 糖尿病性網膜症
7 - 黄斑浮腫 8 - 加齢黄斑変性症
9 - PCV(ポリープ状脈絡膜血管症)
10 - 中心性漿液性脈絡網膜症 11 - 増殖性硝子体網膜症
12 - 網膜血管腫状増殖(RAP) 13 - 加齢黄斑変性の新分類


症例写真  写真をクリックすると拡大画像が表示されます

photo
中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫の術前
photo
中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫の術後
photo
中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫術前の
OCT画像
photo
中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫術後の
OCT画像

photo
黄斑円孔の術前
photo
黄斑円孔の術後
photo黄斑円孔
術前のOCT画像
photo黄斑円孔
術後のOCT画像

photo網膜上膜の術前 photo網膜上膜の術後 photo網膜上膜術前の
OCT画像
photo網膜上膜術後の
OCT画像

photo
静脈閉塞症の術前
photo
静脈閉塞症の術後
photo続発性黄斑角膜症の
術前
photo続発性黄斑角膜症の
術後




手術について

硝子体手術の解説図
手術写真  写真をクリックすると拡大画像が表示されます
photo三方向からのトロカールの挿入 photo手術開始時 photo黄斑上膜を剥離する photo内鏡開膜剥離

photo手術終了時

出血がある場合は、出血を除去し透明にします。網膜剥離がある場合は網膜をくっつけるように手術をおこないます。眼球内へ照明用の光ファイバー、硝子体吸引器具を差込み、顕微鏡を見ながら網膜に直接メスを入れる手術で、高度な施術を要します。
当院では、25G(直径0.5mm)システム導入により白内障同様、無縫合で施術いたします。

手術内容は症例により異なります

手術で使用する機器について 〜アキュラスと コンステレーションの違い〜


※コンステレーションはアキュラスの後継機です。
白内障手術も出来るため、一台の器械で硝子体との同時手術が可能です。

【1】カットレートが2500から5000と高くなり、網膜損傷のリスクが軽減されます。(硝子体の牽引や乱流を減少します。)

*カットレートとは硝子体カッターが1分間にON−OFFする回数です。

システムがバネ式から空気式に変わったことによりカッティングが精緻になり、5000の高いカットレートでも十分な吸引流量を保てます。バネを廃したことにより開口部の開閉速度が速くなり効率がアップしました。

【2】硝子体カッターのポートの位置が先端に近づいたことにより網膜により近くアプローチ出来きます。

 

【3】デュアル空気駆動方式による高速カットスピードを実現。硝子体カッターのポートの開口を長くしたり、短くしたり出来ます。(コアモード・シェイブモード)

【4】コンステレーションでは、自動調整による灌流圧供給システムになり、手術中の硝子体圧が一定になり、より安全に手術が可能となりました。 設定値+/−2oHg範囲内で、より安定した“IOP”をコントロール出来きます。

【5】より精密な流量コントロールを実現する新たな概念を導入しています。

3タイプのデューティーサイクル設定
『コアモード 』
⇒硝子体カッターの先端部分の開口している時間が長いため、硝子体をいっぱい吸える。
『50/50モード』

⇒コアモードをシェイブモードの5:5の割合。
『シェイブモード』
⇒硝子体カッターの先端部分の開口している時間が短いため、
   周辺部の細かい部分の硝子体を吸うのに有効。

【6】イルミネーションがキセノン光源になり、より明るさと色調がアップされました。

イルミネーターのゲージサイズに応じて出力を自動調整。

【7】コンステレーションでは、レーザー(光凝固)が一体化になりました。

【8】SF?を滅菌下で自動でシリンジへ充填することが出来きます。

【9】粘性流体コントロール(VFC)

シリコンオイルを使用する時に使用。アキュラスでは20Gのみの対応でしたが、コンステレーションでは20G(直径0.9mm)・23G(直径0.6mm)・25G(直径0.5mm)に対応しています。

【9】手術を中断せずに灌流ボトルの交換が可能となりました。


ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー