久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 硝子体手術 > 中心性漿液性脈絡網膜症
中心性漿液性脈絡網膜症

 

中心性漿液性脈絡網膜症とは

網膜の中心部である黄斑部に漿液性網膜剥離が起こり、視力障害を引き起こす病気です。
網膜の外側にある血管の豊富な脈絡膜に血管障害が起こり、網膜の一番外側にある網膜色素上皮が障害され、脈絡膜より漿液が漏出することにより起こります。
中高年の男性に多く、原因は特定できていませんが、ストレスやステロイド療法が要因だと考えられています。急性、慢性型に分類されます。


急性中心性漿液性脈絡網膜症

片眼に黄斑部の漿液性網膜剥離が起こり、視力予後は良好で、ほとんどが数か月で自然軽快傾向にあります。


写真をクリックすると拡大画像が表示されます


眼底画像   OCT画像   FA画像
眼底画像   OCT画像   FA画像



慢性型中心性漿液性脈絡網膜症

急性中心性漿液性脈絡網膜症よりも高齢者に多く、再発を繰り返す経過をとります。
眼底に多局所的に網膜色素上皮の変性巣が見られます。



写真をクリックすると拡大画像が表示されます


眼底画像   OCT画像   FA画像
眼底画像   OCT画像   FA画像






症状


  • 視力低下
  •  
  • 変視症・・・ものが歪んで見える
  •  
  • 中心暗点・・・見ようとする場所の中心あたりが暗くかすんで見える



検査


眼底検査 光干渉断層計(OCT)
フルオレセイン蛍光眼底造影(FA) インドシアニングリーン眼底造影(IA)





治療


自然軽快傾向があるので、通常は内服薬を用い、経過観察となります。
早期回復や症状によりレーザー光凝固治療を行う場合もあります。



ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー