久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 硝子体手術 > 網膜剥離
網膜剥離

 

網膜剥離とは


主に、強度の近視や老化によって硝子体が収縮して,その際網膜をひっぱったり、網膜そのものが薄くなることで網膜に小さい孔ができ、この孔から眼球内の水(液化した硝子体)が網膜の下へ入り込んで、網膜が剥離する病気です。

photo

■網膜剥離を起こしやすい場所
網膜裂孔は上耳側によくでき、これによる網膜剥離は50〜60歳代に多く、また20歳代の-3〜-8Dの近視の人に多いのが特徴です。


症状 



 
黒い点やゴミのようなものがみえる   眼の中でピカピカと光ってみえる

 
見えているものの一部がみえない   見たいものがはっきりみえない

※参天製薬株式会社「網膜剥離の症状と治療」より


■網膜剥離の検査

<眼底写真> <OCT画像>

手術前

手術後

手術前
 


■治療 

網膜剥離の人は、ただちに手術する必要があります。




手術について

硝子体手術 


眼の内部に器具を挿入し、硝子体と呼ばれるゼリー状組織を除去します。その後パーフルオロンなどで網膜を伸ばし、レーザーなどにて網膜裂孔を凝固、閉鎖させます。

 
1.硝子体と呼ばれるゼリー状組織を除去   2.パーフルオロンを注入し網膜を伸ばしている所

 
3.レーザーにて凝固、閉鎖させます   4.最後に眼内に必要に応じて SF6などのガスに置換する



手術写真 写真をクリックすると拡大画像が表示されます

photo硝子体カッターで裂孔に付着している硝子体を切除している所 photoパーフルオロカーボンを入れている所 photo光凝固(裂け目の周囲をレーザーでふさいでいる所) photo光凝固終了

photoガスタンポナーデ  



ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー