久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 硝子体手術 > 黄斑上膜
黄斑上膜

 

黄斑上膜とは


網膜の中心部を黄斑部といい、網膜の中に物体を特に鮮明に感じる事ができる大切な場所があります。この黄斑部の上に膜ができる病気のことを言います。

photo


写真をクリックすると拡大画像が表示されます

photo
OCT画像


photo
OCT画像



■原因

加齢。その他に症状や網膜剥離、外傷などに起こります。


■症状

視力低下や歪み


■診断

眼底写真やOCTで診断することが可能です。


治療・予後 写真をクリックすると拡大画像が表示されます

視力低下や歪みが強い場合には、手術で膜をとります。
手術により、視力や歪みの症状が改善していきます。 黄斑上膜が発生し、長期間経ってからでは手術が成功しても視力の回復が困難になりますので、早めに治療をしたほうがよいと思われます。




photo photo
手術前の眼底写真   手術後の眼底写真 手術前のOCT画像   手術後のOCT画像




手術について


手術療法 


硝子体を切除し、浮腫を増悪させている牽引を除去します。
黄斑状膜、内境界膜を剥していきます。内境界膜を剥離する事で浮腫の軽減につながります。

 
1.硝子体切除   2.黄斑上膜剥離

   
3.ICGで内境界膜を緑色の染色した後、
再発予防のため、内境界膜を剥離します
   



手術写真 写真をクリックすると拡大画像が表示されます



手術前の状態

25Gで上膜を取るきっかけをつくっている

上膜除去している

上膜除去している


上膜除去

25Gで内境界膜除去している

内境界膜除去している

手術後の状態




ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー