久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 硝子体手術 > 黄斑円孔
黄斑円孔

 

黄斑円孔とは


黄斑円孔とは、黄斑部(網膜の中心)の小さく円い孔があき、視力が低下してしまう病気です。円い孔があいたように見えるので、円孔といいます。

<断面図> <正面図>
photo


写真をクリックすると拡大画像が表示されます

photo
黄斑部のOCT画像


photo
黄斑円孔のOCT画像

■原因

体質(遺伝)が関係しており、生まれつき中心窩網膜と硝子体との癒着が強い人では、老化により後部硝子体剥離が生じます。その結果、黄斑部の網膜に孔があいてしまうといわれています。強度近視による、二次的なものもあります。


■検査

視力検査、眼底検査、Mチャート(歪みを見る検査)、OCT(網膜の断層写真)

photo
photo
術前の眼底写真   術後の眼底写真 術前のOCT画像   術後のOCT画像


■治療

硝子体手術を行います。網膜に付いている硝子体を切除し、内境界膜を除去して、眼内にガスを注入します。手術後に、下向きの姿勢をとることにより、円孔部ガスで圧迫し孔が閉鎖させる手術です。また、内境界膜を除去することは、除去された部位の網膜の表面が軟らかくなり伸展性が増し、円孔の閉鎖を促進するといわれています。



手術について


手術手順 写真をクリックすると拡大画像が表示されます

 
1.硝子体切除   2.円孔周囲の内境界膜を剥離する

   
3.ガスを注入し円孔部を圧迫し、閉鎖を促す    


手術写真 写真をクリックすると拡大画像が表示されます

photo手術前の円孔 photo内境界膜を見やすくするためICGで染色しているところ photo染色された内境界膜 photo内境界膜剥離

photo内境界膜剥離終了後 photo空気に置換しているところ



ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー