久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 多焦点眼内レンズ
多焦点眼内レンズ


遠近両用眼内レンズ(マルチフォーカルレンズ)について

年齢が40歳を過ぎると、老眼(老視)が始まって近くが見えにくくなってきます。そこで老視(老眼)の治療として、眼の中にある水晶体を取り除いて、人工の遠近両用眼内レンズを挿入するという手術をすることで、メガネやコンタクトレンズなしで遠くも近くも見ることが可能となります。また、強度近視・遠視の方の屈折治療として手術を行うという方法もあります。手術後に残ってしまった近視や遠視、乱視に関しては、裸眼で更に遠くが見たい場合は、レーシックにて追加矯正をすることも可能です。



多焦点レンズの種類について

従来の眼内レンズでは、両目とも裸眼で遠くが見えるようになると、近くがみえにくくなります。両眼とも遠くにピントを合わせるのではなくモノビジョンといって、片眼は遠く・もう片眼は近くにピントを合わせて、遠くも近くも見えるという方法もあります。

遠近両用の眼内レンズであれば、ひとつのレンズで遠くも近くも見ることが可能となります。遠近両用の眼内レンズは基本的な種類が2種類あって、屈折型と回折型という2種類のレンズに分かれています。屈折型は遠方と中間距離にすぐれているのに対し、回折型は遠方と近方距離にすぐれています。その方のライフスタイルに合わせて、片眼には屈折型、もう片眼には回折型を入れるという方法もあります。さらに、新しいセクター型や、乱視用などもあります。すでに従来の眼内レンズが挿入されている方に関しても、眼内レンズを入れるということも可能です。



単焦点の眼内レンズ

単焦点の眼内レンズ

多焦点の眼内レンズ

多焦点の眼内レンズ



リズーム(AMO社)

屈折型
中間(40p・パソコン使用の距離)〜遠方を見ることができます。(手元は眼鏡が必要になる場合があります)
屈折型
レンズの中心から、遠く、近く、遠く、近く、遠くの5つのゾーンに分かれています。
水色→遠方、白色→近方
鮮明な遠方視
瞳孔径にもよりますが、回折型と違いコントラスト感度への影響がなく、単焦点レンズと同等の遠方視が得られます。
グレア・ハローを強く感じる場合があります
レンズの溝部分での光の乱反射により、ハロー・グレアなどを感じることがあります。個人差はありますが、慣れるのに3カ月〜半年かかることがあります。
瞳孔径に影響する設計です
加齢により瞳孔が小さくなっている場合など、機能を十分に使えなくなることがあります。より、若い人に向いていると言えます。
パワー S: +6.0〜+30.0D(0.5D刻み)
※大体、+20.0Dが正視でそれ以下は近視、それ以上は遠視の矯正と考えてください。
近用加入度数 +3.5D
※大体、40pの距離=パソコン使用時の距離が一番見えると考えてください。



テクニスマルチフォーカル(AMO社)

回折型
遠くと近く(30p・読書時の距離)を見ることができます。(中間は見えにくいことがあります)
回折型
回折型は一つの光を遠方用と近方用の2か所に分ける構造です。
瞳孔径に依存しない
瞳孔が散大しても光は近方と遠方に均一に分散するので、暗闇でも見やすい設計です。
コントラスト感度の低下
入射光を二分しているので光のロスが20%程度あり、コントラスト感度の低下があります。これにより、若いころより見え方が劣ると感じたり、ワクシービジョンという現象で白っぽくみえたり、かすんだ感じに見えることがあります。慣れるのに6カ月程度かかります。
乱視の影響を受けやすい
乱視が強い人は乱視矯正手術の追加が必要な場合があります。
パワー S: +6.0〜+30.0D(0.5D刻み)
※大体、+20.0Dが正視でそれ以下は近視、それ以上は遠視の矯正と考えてください。
近用加入度数 +4.0D
※大体、30pの距離=読書時の距離が一番見えると考えてください。



レストア(Alcon社)

回折型
二つの加入度数
回折型では珍しい+3Dと、+4Dと二つの加入度数があり、遠くと近く(30p)か、遠くと中間(50p〜1m)を見ることができます。
+3Dは遠くと中間(40p・パソコン使用時の距離)が見えます。
+4Dは遠くと、中間は+3Dよりは見えませんが、近くは+3Dよりよく見えます(30p・読書時の距離)。


尚、両眼にそれぞれのレンズを入れることもできるので、お互いの見え方を補う形により、見える範囲を調整することもできます。
例) 右に+3D、左に+4Dを入れて、パソコンと読書の距離を両方見えるようにすることも可能です。
瞳孔径に依存しない
高齢になり、瞳孔が小さくなっても機能の低下はないです。
コントラスト感度の低下
入射光を二分しているので光のロスが20%程度あり、コントラスト感度の低下があります。これにより、若いころより見え方が劣ると感じたり、ワクシービジョンという現象で白っぽく見えたり、かすんだ感じに見えることがあります。慣れるのには6カ月程度かかります。
乱視の影響を受けやすい
乱視が強い人は乱視矯正手術の追加が必要な場合があります。
パワー S: +6.0〜+30.0D(0.5D刻み)
※大体、+20.0Dが正視でそれ以下は近視、それ以上は遠視の矯正と考えてください。
近用加入度数 +3.0D
※大体、40pの距離=パソコン時の距離が一番見えると考えてください。
近用加入度数 +4.0D
※大体、30pの距離=読書時の距離が一番見えると考えてください。



AT LISA(Carl Zeiss社)

ドイツで製造されており、日本ではまだ認可されていませんが、ヨーロッパではCEマークを取得しており、すでに多く使用され、非常に良好な結果を得ています。

回折型
遠くと近く(30p・読書時の距離)を見ることができます。(中間は見えにくいことがあります)
AT Lisa 眼内レンズ AT Lisa 眼内レンズの表面状態
レンズ部分が同心円状の構造になっており、遠くに65%、近くに35%の光が集まるように設計されています。
ハロー・グレアがでにくい設計です
レンズの表面形状(右上図参照)により、このレンズは乱反射が起こりにくくなっており、他の回折型レンズと比べるとハロー・グレアが少ないです。
瞳孔径の影響がありません
高齢になり、瞳孔が小さくなっても機能の低下はないです。
コントラスト感度の低下
光のロスが20%あるため、他の回折型レンズよりはよいのですが、コントラスト感度の低下はみられます。しかし、明るい場所や薄暗い場所でのコントラスト感度は白内障のない人の正常範囲内です。
パワー S: ±0.0〜+32.00D(0.5D刻み)
※大体、+20.0Dが正視でそれ以下は近視、それ以上は遠視の矯正と考えてください。
加入度数 +3.75D

乱視用もあります
パワー S: −10.0〜+32.00D(0.5D刻み)
※大体、+20.0Dが正視でそれ以下は近視、それ以上は遠視の矯正と考えてください。
乱視: +1.0〜+12.0D(0.5D刻み)

レンズの在庫がない場合と、乱視用はレンズが届くまでにお時間がかかります。(2〜3カ月程度)

※現在当院では取り扱っておりません。



LENTIS Mplus(oculentis社)

ドイツで製造されており、日本ではまだ認可されていませんが、ヨーロッパではCEマークを取得しており、すでに多く使用され、非常に良好な結果を得ています。

セクター型(セクター部で近方視が可能なデザイン)
近く(30〜40p)と遠くをみることができます。

カーブの違う二つに球面を組み合わせてできています。両方の球面の中心は同じところにあり、遠方部と近方部の境目がないので遠方視から近方視がスムーズにつながっています。(上左図ではわかりやすくするために分けて表示しています)
コントラスト感度が良好
光学的ロスが5%であり、95%は焦点するため、コントラスト感度が良好で白内障のない人と同等程度です。
瞳孔径に依存していません
高齢になり、瞳孔が小さくなっても機能の低下はないです。
ハロー・グレアがありません
パワー S: ±0.0〜+36.00D(0.5D刻み)
※大体、+20.0Dが正視でそれ以下は近視、それ以上は遠視の矯正と考えてください。
加入度数は+1.5と+3.0があります

乱視用もあります
パワー S: ±0.0〜+36.00D(0.01D刻み)
※大体、+20.0Dが正視でそれ以下は近視、それ以上は遠視の矯正と考えてください。
乱視: +0.25〜+12.00D(0.01D刻み)
通常0.5D刻みが多いですが、乱視用は0.01Dまで細かく対応しています。そのためレンズはすべてオーダーメイドになり、レンズが届くまでにお時間はかかりますが(最低でも6週間)、しっかりとその人に合わせることができます。

 





FINEVISION(PhysIOL社)

ベルギーで製造されており、日本ではまだ認可されていませんが、ヨーロッパではすでに多く使用されています。
遠方・近方に加え、中間距離にもピントが合う3焦点眼内レンズになります。

アポタイズド回折型3焦点IOL

遠くと中間(60〜65cm)と近く(30〜40cm)を見ることができます。

アポタイズド回折型3焦点IOL アポタイズド回折型3焦点IOL アポタイズド回折型3焦点IOL
Finevision(MICRO F) Finevision(Pod F)  Finevision Toric


一つの光を遠方と近方、遠方と中間に分ける二つの構造を一つにした構造になっています。

① 2焦点デザイン(遠方と近方)
2焦点デザイン(遠方と近方)

② 2焦点デザイン(遠方と中間)
2焦点デザイン(遠方と中間)

①+② 3焦点デザイン(遠方と中間と近方) 3焦点デザイン(遠方と中間と近方)


ハロー・グレアの軽減
回折格子先端が他の回折型レンズに比べ滑らかなためハロー・グレアが起こりにくい。

コントラスト低下の軽減
光のロスが14%と他の回折型2焦点眼内レンズ(19%)よりロスが少ないためコントラストの低下が少ない。

パワー
FINEVISION(MICRO F) S:+10.00〜+35.00D(0.5D刻み)
FINEVISION(Pod F)  S:+6.00〜+35.00D(0.5D刻み)
※大体、+20.0Dが正視でそれ以下は近視、それ以上は遠視の矯正と考えてください。

加入度数
中間 +1.75D 、近方 +3.50D

乱視用もあります
パワー
S:+6.00〜+35.00D(0.5D刻み)
C:+1.00、+1.50、+2.25、+3.00、+3.75、+4.50、+5.25、+6.00D
加入度数
中間 +1.75D
近方 +3.50D

下記のSYNFONY(シンフォニー)は焦点深度を拡張させる独自のエシェレット回析を使用しており、独自の解析溝を用いてる為、従来の2焦点レンズや3焦点レンズに比べ焦点距離(ピントの合う位置)が伸長しました。

また、下記MINI WELL(ミニウェル)は屈折型でも回析型でもない多焦点眼内レンズであり、球面収差を利用し、遠方・中間・近方でスムーズな見え方を実現したプログレッシブIOLです。

いずれも、今までの多焦点眼内レンズにない新しいレンズです。

SYMFONY (AMO社)・・・・

国内で認可が下りているレンズです。

2重焦点眼内レンズのピント位置(下記図参照)

2重焦点眼内レンズは、2箇所にピントが合います。

エシェレット回析デザイン(焦点深度の拡張)
遠方や中間、近方までの広い明視域で自然かつ良好な見え方を提供してくれるレンズです。
※エシェレットとは…光学部上の特殊な形状(間隔、高さ、形)を指します。

  • 回析溝が通常の回析型多焦点眼内レンズより深く、約3倍の深さです。
  • 回析溝が深いと、全ての光を回析することができます。
  • 全ての光を回析することにより、眼内レンズに負の色収差を付加することが出来ます。

角膜の色収差を補正
角膜は正の色収差を持ちます。通常、眼内レンズは正の色収差を発生させますが、独自の技術により眼内レンズに負の色収差を付加しました。全ての波長の光が収束すれば見え方はシャープになります。


コントラストの感度
光のロスが8%あります。他の多焦点レンズに比べるとロスがかなり少ないです。
ハロー、グレアが少ない
瞳孔径に依存しない
回析型レンズの為、高齢になり瞳孔が小さくなっても機能の低下は無いです
パワー
+5.0D~+30.0D(+0.50D刻み)
※大体、+20.0Dが正視でそれ以下は近視、それ以上は遠視の矯正と考えてください。
加入度数
焦点深度拡張での広い明視域の為、加入はありません。


MINI WELL(SIFI社)

イタリアで製造されており、日本ではまだ認可されていませんが、ヨーロッパでは多く使用されています。
球面収差を利用し、遠・中・近でスムーズな見え方を実現した世界で最初に開発されたプログッレシブIOLです。

・プログレッシブIOL(屈折でも回析でもない革新的なオプティックデザイン)
遠くと中間(60〜65cm)と近く(50cm)を見ることができます。

球面収差※を利用し、@正の球面収差エリア・A負の球面収差エリア・B単焦点(遠方)エリアの3つのエリアで構成されており滑らかなオプティックにおいて、スムーズな見え方の変化を可能にしているため、全距離において従来の屈折型や回析型IOLに比べ高い見え方の質が期待されます。


※球面収差とは・・・
球面収差とはレンズの外側から入ってくる光の焦点位置とレンズの中心から入ってくる光の焦点位置が異なることから起こる収差のことです。

・ハロー・グレアは、ほぼなし
光のロスが10%のため他のレンズのようなハロー・グレアは、ほぼ起こりません。
・コントラスト感度は単焦点のIOLと同等
光のロスが10%のため、単焦点のIOLと同じくらいのコントラスト低下しか起きません。
・パワーS:±0〜+30.00D
(+10.00〜+25.00Dは0.5D刻み、他1.0D刻み)
※大体、+20.0Dが正視でそれ以下は近視、それ以上は遠視の矯正と考えてください。
・加入度数 +3.00D

現在、乱視用はありません。(平成29.8月)




手術の金額について

  • 従来の眼内レンズは保険適応になるので、
    1割 → ¥16,710  3割 → ¥49,920
    となります。
  • 遠近両用の眼内レンズは保険適応ではないため、自費となります。
    片眼 ¥300,000〜¥400,000
    乱視用片眼 ¥400,000
  • また、術後レーシックにて追加矯正する場合、別途費用がかかります
手術の適応については医師とご相談ください。

ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー