久里浜眼科

ご予約・お問い合わせは、[フリーダイアル]0120-049-417 経験豊かな医師と充実の医療設備であなたの快適な生活をお手伝いいたします。
TOPページ > 円錐角膜

円錐角膜

円錐角膜とは、角膜の中央部分の厚みが薄くなり、角膜が前方へ円錐状に突出する原因不明の病気です。
これにより角膜の歪み(不正乱視等)が生じるため視力が低下します。
通常は両眼に発症しますが、左右の眼で進行の程度に差があることが多いです。

症状:眼鏡での矯正不良、コンタクトレンズのズレや外れ、異物感等。

10代~20代の思春期頃に発症するケースが一般的で30代までは病気が進行する傾向にあり、30才を過ぎると症状の進行は緩やかになると言われています。40才台で進行は止まります。

初期の円錐角膜の場合、通常のハードコンタクトレンズでの矯正ができる場合もありますが、痛み、異物感、視力の不安定があらわれることがあります。
さらに進行すると角膜混濁が生じ、視力が著しく低下し、角膜移植が必要になることがあります。

通常の角膜状態 円錐角膜の角膜状態

治療

  • 円錐角膜専用のコンタクトレンズで矯正。
  • 角膜クロスリンキング=進行を抑制するのに有用。

小中学生の視力検診で円錐角膜を早期発見し、クロスリンキングで進行予防することが重要。
当院では、年に1人程度みられます。


ページのトップへ
Copyright (C) Kurihama-Ganka All rights reserved.

サイトマップ サイトポリシー